fc2ブログ

驚愕のハイコスパ!大人の隠れ家で満喫する全部美味しい鉄板焼き “ 鉄板焼き 華粋 (ハナスイ) ”

2022–02–17 (Thu) 15:30

外観 

JR東西線「北新地駅」から徒歩3分ほどのビルの地下にある、「鉄板焼き 華粋(ハナスイ)」でディナー。

普段、B級グルメばかり食べていたら、たまにはA級グルメに憧れる小市民。
しかし北新地という場所がそうさせるのでしょうか、やや緊張した面持ちでの訪問です。



外観 

オーナーシェフである店主「八瀬河 竜一」氏は、
調理師専門学校を卒業後「ホテルグランヴィア京都」で長年腕を磨き、さらに海外での経験を持つ。

2020年、満を待して北新地に鉄板焼き店をオープンさせた。



外観 

ビルの地下にある隠れ家的なお店です。



外観 

足の震えを抑え緊張しながら階段を降りると、扉の向こうにある店内へと導かれる。


ー本日のコース「華粋 オススメコース」 9,350円(税込み)ー

「フォアグラや活アワビの他、牛フィレ肉とサーロインの両方を楽しめるお得過ぎるコース」

・季節の前菜
・フォアグラ大根 赤ワインソース
・国産活け黒アワビ鉄板焼き 肝ソース
・箸休め
・和牛フィレ肉の鉄板焼き
・和牛ロースすきやき風
・ご飯、味噌汁、香の物
・デザート


料理は、A5ランクの国産和牛や最高級の黒アワビなど厳選した食材を使い、
和洋にこだわらずシンプルに素材本来の美味しさを活かした料理の数々。

牛肉と鮑には特にこだわっていて、産地は特定しないでその日の最高級品を使用しているそうです。
とびきりの食材を惜しみも無くリーズナブルに満喫できる、とんでもなくお値打ちなコース料理です。


今宵のコース料理は、シェフにお願いして、少食な方用の特別メニューにしてもらいました。
こんなちょっとした融通も聞いてもらえます。




メニュー 

ドリンクメニューは、ビールはもちろん、ワイン、スパークリング、日本酒など豊富な品揃え。

北新地という場所がらにも関わらず、良心的な価格設定。



料理 

最初は、久しぶりに白ワインからスタート…ウィ-((~(´д、`~)ヒック

フランス・ブルゴーニュのシャブリ「フィリップ・パカレ」
芳醇で果実のバランスが良く、辛口でスッキリ飲めるタイプ…(๑╹ڡ╹๑)ウマィ!

家飲みにも買っておきたいほど。



店内 

ちょうど鉄板の前の特等席に案内され、シェフの調理するライブ感と同時に香りも楽しんだ。

緊張しながら観ていると、さりげなく話しかけてくれるシェフのお心遣いに救われた。
それからは徐々に緊張も解れて会話のラッシュ。

肩ひじ張らない和やかな雰囲気で、楽しいひと時を過ごす。

いろいろな食材についてのこだわりなど聞かせてもらったが、
シェフの料理に対する情熱が、ひしひしと伝わってきます。
実は、経歴も凄いんです!


カウンター8席のみの店内は、プライベート感たっぷりの大人の秘密基地のような空間。
接待やデートなどでも多くの方に利用されているようです。

この間にも、ひっきりなしに予約の電話が入っていました。



料理 

前菜

ユッケ風和牛のたたき



料理 

熊本の牛ロースを使用した「ユッケ風和牛のたたき」。

熊本と言えば「あか牛」が有名ですが、その上の最上級くまもと黒毛和牛プレミアム「和王」を使用。

すき焼きに使う「和王」のロース肉の端肉を使用するので、あまり数はできないとのこと。




料理 

端肉と言っても、驚くほど柔らかく甘味旨味も強烈!

タレは、ごま油と卵黄を使った癖のない、まったりとした味わい。
食べたあとに残る、お肉の甘味がたまらなく美味い!


(๑╹ڡ╹๑)ウマィ!!!


大葉の香りが実に良いアクセント。

これは、白ご飯が欲しくなってしまいます。

もう食べる手が全然止まらない…ヽ(^o^)丿
これを食べるだけでも、このお店に来た甲斐があるでしょうね…(^_-)-☆キッパリ

これをお土産に販売してくれたら絶対に買います!
と伝えたが、販売するほどの数が取れないので無理とのこと…(^^;)キッパリ



料理 

目の前で自由自在に華麗な手さばきで調理するライブ感を
美味しい料理を食べながら楽しめるのが鉄板焼きの良いところ。

カンカンカンッと音を立てて調理するのは、どこか中華鍋を振る音やお好み焼きなどにも共通していて、
音を聴いているだけで美味しく感じる。

さらに店内全体にも香りが広がり、その美味しさがガンガンに伝わるところが、鉄板焼きの魅力ですね…(^^♪


ところで・・・

鉄板焼きに使っているコテのようなのは何て言うのかを尋ねると・・・
コテ、もしくはスケッパーと呼んでいるらしい。

普通やん…(#^^#)



料理 

ガーリックバターの香りがビシバシに伝わってきて、早く食べたい衝動に駆られてしまう。



料理 

牡蠣、金目鯛、菜の花のガーリックバター焼き



料理 

いろんなのを少しずつ楽しめるのが、とても良いですね…(^^♪

本来なら牡蠣は2個付けているが、少食用にしているため今日は1個。
また、金目鯛も普段より小さめにしているとのこと。

もっと食べたいけれど、このあとも盛りだくさんあって食べきれないのでガマンガマン。



料理 

まずは、ガーリックバターで芳ばしく焼いた牡蠣を頬張ると、ガーリックバターの香りも良くジューシーな味わい。

牡蠣の濃厚な旨味が、ガーリックバターの香りとともに口内いっぱいに広がる。


ウマッウマ(゚д゚)メチャウマー!!!


あまりにも美味しくて、思わず大声をあげてしまうほど!



料理 

菜の花

ガーリックバターの風味が良く、ほのかな苦味が口直しにぴったり!

季節を先取りした美味しさ。


口の中がすっきりしたので、次は・・・



料理 

金目鯛

とにかく火入れが絶妙で、皮パリッと焼けていて芳ばしく、しっとり甘くて絶品…(๑╹ڡ╹๑)ウマィ!!

さすがプロの為せる技ですね。
お鮨より、こちらの方が好みです…(^^♪



料理 

目の前では、フォワグラ、ホタテ、大根が焼かれています。



料理 

フォワグラ大根 赤ワインソース

見事なまでの艶々感。



料理 

使用するフォアグラは、ハンガリー産。

まずは、フォワグラだけを味わう。

フォアグラの表面はカリッと焼けていて、特有の臭みは全く無し!

過去に食べたフォワグラとは、比べ物にならないぐらい全然違う美味しさ。
ここまで美味しくする秘訣を尋ねると、フォワグラは、焼き方によって味が決まるとのこと。

また、このソースが絶品…(๑╹ڡ╹๑)ウマィ!!

聞けば、赤玉ポートワイン2本分をとことんまで煮詰めて作るらしい。
煮詰めることで香りと甘味旨味も増して、超絶なまでに美味しくなるとのこと。

このソースだけでワインが飲めるほど!

庶民のための赤玉ポートワインをソースに使用することに気づくなんて、凄すぎる!




料理 

プリッと弾けながらとろ~りとろけるフォワグラと、とろとろに柔らかい大根との見事なハーモニー…(^^♪


(゚д゚)ウ-(゚Д゚)マー(゚A゚)イ-…ヽ(゚∀゚)ノ…ゾォォォォォ!!!!


もう感動しっぱなし!




料理 

出汁が染み込みまくった大根は、おでんのようにとろとろに柔らかい。

さらに、大根にはソースが絡んでいるので、まるでフレンチやイタリアンのような味わい…(๑╹ڡ╹๑)ウマィ!

その美味しさは、あのフレンチおでんで有名な「大根ポルチーニ茸ソース」にも匹敵するほど。



料理 

こちらは、フォワグラが苦手なので、ホタテに変えてもらった。
最初に苦手なものを尋ねられたときに「フォワグラ」と伝えたら、きちんと対応してくれました。

フォワグラとホタテを少しシェアして食べると、
それまで苦手だったはずのフォワグラが、本人も驚くほど見事に克服できたようです。

やっぱり美味しいと克服できるんですね…(^_-)-☆

ホタテの旨味と甘味も素晴らしく、表面はしっかり、中は、レアな火入れ加減も絶妙。
もちろん、ホタテは北海道産を使用。


この他に苦手な食材があれば、ハンバーグに変えてもらうこともできるようです。
その場合のタレは、あの自家製ユッケのタレを調整して少し大人向けに仕上げる。

さらに苦手な料理があれば、伊勢えびにするなど臨機応変に対応することも可能だそうです。



料理 

いつの間にか白ワインが蒸発してしまったようなので、赤ワインをお願い。

イタリア産の赤ワイン「Mo Montepulcianod'Abruzzo Riserva Cantina Tollo」…( ̄▽ ̄;)ヨメナイ
24ヶ月間の大樽熟成で造るモンテプルチアーノ品種のリゼルヴァ…(*´з`)シランケド…

「カンティーナ トッロ」

渋みが柔らかく口内をすっきりさせる、リッチな飲み心地のフルボディ。

これ、気に入ったから買おうっと。



料理 

頃合いを見計らって、アワビとエリンギを焼き始めた。

芳ばしい香りがたまらん~(^^♪



料理 

アワビとエリンギをバターで絡めながら焼いている。

鉄板とコテのカンカンッとあたる音と、ジュワ~ッと焼ける音が楽しい~(^^♪

鼻腔から脳天まで突き抜ける香りがたまらない~ヽ(^o^)丿



料理 

料理の仕上げの香り付けに使用する、「TruffleHunter 白トリュフオイル(本当のトリュフ入り)」。

最高品質の白トリュフとエキストラバージンオリーブオイルをブレンドしたトリュフオイル。
少量で白トリュフの芳醇な香りが楽しめます。

本来なら、トリュフオイルじゃなくて本物のトリュフを使用するのですが、
コロナ禍の中、お客さんが少ないので使用を控えているとか。

このオイルでも十分美味いけど、やっぱり本物のトリュフでも食べてみたい。
これはリベンジするしかないですね!



料理 

黒アワビ鉄板焼き 肝ソース和え



料理 

国産活け黒アワビを使用。

アワビは瀬戸内海の天然物を使い、仕上げにトリュフオイルで香り付けした贅沢極まりない逸品。




料理 

肉厚にスライスしたアワビを頬張ると・・・

アワビは噛む歯を跳ね返すぐらいの弾力がありながらも、柔らかくて香りもグッド!

噛むほどに旨味が溢れだして、飲み込むのが勿体なくて、ずっと噛んでいたくなるほど。


ウマウマッ~(゚□゚o)スゴッッッッッ!!!!!!!!!!!


このアワビとエリンギに絡む、こだわりのアワビの肝ソースが、更なる美味しさをパワーアップ!

ソースはあえて多めにかかっているが、それはこのあとのお楽しみ~ワクo(´∇`*o)(o*´∇`)oワク




料理 

エリンギのバター炒め

エリンギも侮るなかれ!

トリュフオイルを使った肝ソースとアワビの旨味が染みたエリンギは、甘くてジューシーな味わい…(๑╹ڡ╹๑)ウマィ!

歯ごたえも良くプリップリ食感!

自宅でエリンギを焼いても、ここまで美味しく焼けないし、誤解を恐れず言えば、自宅で焼くアワビより美味しい。



料理 

アワビを食べ終わった後のお楽しみは、コレ。

肝ソースにライスイン!



料理 

ライスと食べると、濃厚な肝ソースが不思議とさっぱりとして贅沢過ぎる芳醇な美味しさ。

まるで高級リゾットのような味わい。
チーズも入れると、さらに美味しいかも…(*´з`)シランケド…


ウマッウマ(゚д゚)メチャウマー!!


実は、このソースの中には白ワインが入っていて、そこにライスを入れると白ワインの味がふわっと顔を出す。

赤ワインを飲みながら味わうと、濃厚な旨味を赤ワインがサラリと流してくれて、また食べたくなる。




料理 

箸休め

ほうれん草のおひたし



料理 

和風の食べ慣れた味にホッとするひと時です。



料理 

さ~いよいよ、メインディッシュの出番が来た!

お肉を焼くジュージュー音。
お肉の焼ける香りが、部屋中に充満。

目と耳、そして鼻でも楽しめて、五感を刺激するのが鉄板焼きの良いところ。



料理

和牛フィレ肉の鉄板焼き

付け合わせは、しし唐、さつまいも。

ガーリックチップ、酢橘、わさび、フランス産の塩で少しずつ味を変えながら楽しむ。



料理 

焼き加減は、ミディアムレアでお願い。

最上級くまもと黒毛和牛プレミアム「和王」のフィレ肉を使用。



料理 

まずは、そのままで頂く。

口内で広がる肉の旨味と溢れるジューシーな肉汁。


(๑╹ڡ╹๑)甘~い!


驚くほど柔らかくて歯が要らないほど。


ウマイ!!(゜∀゜)テッテレーッ!!


味付けは塩コショウのみなのに、ここまで美味しく焼けるのは、さすがとしか言いようが無い!



料理 

次は、塩で頂く。

塩は、フレーク状になったフルールドセル(フランス産)の塩。

サクサク食感で旨味が強調されて、お肉に相性抜群!

この塩、めちゃくちゃ美味いなあ~


ウマイ(゚д゚)ウ-(゚Д゚)マー(゚A゚)イ-…ヽ(゚∀゚)ノ…ゾォォォォォ!!!!


それはもう、腰を抜かすぐらいの美味しさです!



料理 

次は、ガーリックとわさびと一緒に味わう。

ガーリックのカリカリ食感と香り、フィレ肉のとろけるような旨味がマリアージュ。

それらをわさびの風味が、より一層美味しく引き立てる。


ウマウマ(*´з`)ウッマ~~~!!!


腰が砕けるぐらい絶品!




料理 

香りの良いさつまいもで、口の中リセット。



料理 

次の料理に使うお肉を見せてくれたけれど、驚くほどかなりのビックサイズ!

サシの入り方も絶妙。

脂ギッシュなお肉ばかりだと飽きるし胸焼けもするので、
いろんな肉料理を客の側に立って考えての料理にこだわるとのこと。



料理 

大きなお肉を鉄板の上に広げて、サッと軽く焼いたら・・・



料理 

ロース肉のすき焼き風

一面に広がるお肉。
部位は、肩ロース(クラシタ)を使用。

非日常的な贅沢過ぎるすき焼き。

一般的には肩ロースと呼ばれていますが、肩の上に鞍を乗せることができることから、
「鞍の下にある肉」という意味で「クラシタ」とも呼ばれているそうです。




料理 

温玉

この温玉は、このまま飲めそうなぐらい甘味のある卵です。



料理 

まずは、そのままで牛肉を味わう。

噛まなくてもとろけるように柔らかく、肉の脂の旨味と甘味も良い。
それでいてくどくなく、滋味深い美味しさ!

とても幸せな美味しさです…(๑╹ڡ╹๑)ウマィ!!



料理 

温玉は、ご飯にかけたい衝動に駆られながらも、お肉の味を損なわない程度に少しだけ卵黄を絡めて味わう。


ウマッウマ(゚д゚)メチャウマー!!


お肉の旨味の中に、卵黄のまろやかな甘味が際立ちますね!




料理 

次は、卵白と卵黄をすべてを絡めて味わう。

熱い牛肉と温玉の冷たさが口の中で交錯して、至福の味になる。


ウマッウマ(゚д゚)メチャウマー!!


その他、白菜やごぼう、春菊が入っていて、特にごぼうの歯ごたえと香りのアクセントが実に美味い!!

残ったお温玉を飲んでみると、甘くて美味しい~(^^♪

温玉って、飲み物?



料理 

味噌汁



料理 

具は、シジミ。

シジミの旨味が効いていて香りも良く、ホッとする瞬間です。


もうお腹いっぱいなので、この後に予定してたご飯と香の物は、残念ながら遠慮した…(-_-)ザンネン



料理 

デザートは、チーズプリン。

でも、甘いものは別腹ですね…テヘヘ(〃´∪`〃)ゞ



料理 

チーズを練り込んだプリン。

食べる直前に、メイプルシロップで香りづけ。

食べた瞬間、濃厚なアイスクリームかと思わせるほどの香りと甘味…(๑╹ڡ╹๑)ウマィ!!
濃厚ながらすっきりした甘味が、食後のデザートにぴったり!

これって、赤ワインにも合うデザートだと思う。


でも、もうお腹いっぱい…( ´З`)=3 ゲッフ…



( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )ゴチソウサマ



今回は、通常のコース料理を少なめにアレンジしてもらいましたが、
本来は、お腹いっぱいになるぐらいのボリュームらしいです。


ワンオペながらも調理に待たされて退屈すること無く、
いろいろ会話を弾ませながらの楽しいひと時を過ごせました。

今回は、こちらの都合で少し早めに開けてもらい貸し切り状態で、
全部美味しい鉄板焼きのコース料理を満喫できました。


北新地の鉄板焼きのお店で、ビルB1Fの隠れ家的な立地条件ながらも
これだけのパフォーマンスは、どう考えても驚愕のハイコスパ!

これらすべては、店主の食材に対する目利きの良さと仕入れの上手さなのでしょう。

ミシュランに見つかる前に、このお店に来ることができて良かった…ヽ(^o^)丿


もし、行かれるなら前日までの完全予約制なので、お気をつけください。
(現在、蔓延防止のため、20:00までの時短営業中)

しかし、今回のように予約時間など融通を利かせてくれるので、
昼夜問わずお客さんの都合に合わせてオープンしてもらえるそうです。

さらに、苦手な食材があればコース内容も変更可能とのこと。


肩ひじ張らないとても気さくな店主が織り成す、鉄板焼きの数々。
最高の食材を使いながらも驚くほどリーズナブルなので、たまに行くならこんなお店が良いですね!

たまに行くならこんな店!
と言うよりも、何度も行きたいお店です…(*´з`)キッパリ

今回は、大変気に入ったので気合入れて書いたため、ちょっと長くなってしまったけれど、
それだけ美味しかったからです。

最後までガマンして、ご覧になっていただきありがとうございます。。


電話予約限定で、「たこやきくん」の紹介と伝えると、少し割引してもらえるそうです。
食べログからの予約の場合は手数料が発生するので、電話予約限定だそうです。



( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )ゴチソウサマ






















お店のFacebookはこちら



住所 : 大阪市北区曽根崎新地1-5-31 JMビル B1F 「地図」

電話 : 080-2149-1779

営業時間 : 12:00~翌1:00(12:00~18:00と22:00以降はご予約制)

定休日 : 不定休



こちらも是非ご覧ください(*^_^*)



チャンネル登録お願いしますm(_ _)m




最後までご覧いただき、誠にありがとうございました
大変だと思いますが、怒涛の連続クリックをどうかお願いします。

                                                      
FC2Blog Ranking

                              
人気ブログランキング

            
食べログ グルメブログランキング 

                           
   



鉄板焼き 華粋鉄板焼き / 北新地駅西梅田駅東梅田駅

夜総合点★★★★ 4.5





#グルメ #ランチ #大阪グルメ # # #
スポンサーサイト



肉飯とビフテキの両方を楽しめる口福な「ロマン亭錦重」 “ ビフテキ重・肉飯 ロマン亭 セブンパーク天美店 ”

2021–12–02 (Thu) 11:25

外観 

今年11月17日、松原市天美にグランドオープンした大型ショッピングモールセブンパーク天美

混雑を避けたいので、落ち着いてきたタイミングを見計らって行ってきました。



店内

とりあえずひと通りの店舗を散策してお腹も空いてきたころ、1階のフードコート「ニューまったら横丁」にてランチです。

「ニューまったら横丁」の「まったら」とは、河内地方の方言で松原のことを呼ぶのだそう。
モダンな空間で和洋中、さらに、粉もんやアイスまで楽しめるようになっています。

「ニューまったら横丁」内のあちらこちらに点在する、共用飲食スペースで食べるのも良し。
または、店舗の席で食べるのも良し。

巷のフードコートとは、ひと味違うスタイリッシュな雰囲気。



外観 

そんなこんなで3Fのフードコートと迷ったけれど、
「あびこ」にある老舗の肉卸直営店「肉のオカヤマ直売所 」の系列店「ロマン亭」に決定。



メニュー 

メニュー

魅力的なのばかりで迷いそうですが、そんなときは一番上のをお願い。
さらに、「1番人気おすすめ2種盛り」とあれば、もうこれ一択!



メニュー
メニュー 

カウンターで注文後「呼び出しブルブル」を貰い、ビックリするぐらいの大きな音とバイブが鳴れば出来上がりの合図。

これ、「呼び出しベル」と思ってたら、調べてみると「呼び出しブルブル」と呼ぶらしい…( ̄▽ ̄;)シランカッタ



店内

カウンターに取りに行き、そこでブラックペッパー、山椒、七味、ガーリックチップ、わさびなどを追加できる。



料理 

ロマン亭錦重 (お吸い物・お漬物付き) 980円

肉飯とビフテキ、2色(錦)の味わいを楽しめる名物お重です。
何が(錦)かと思ったら、2食と錦のダジャレ?…(;´д`)トホホ



料理 

肉飯とビフテキを少しずつ楽しめるハーフ&ハーフ。

これは、ビフテキって言うよりも、ローストビーフですね…(*´з`)シランケド…

最初から七味をパラパラッと振りかけて、ガーリックチップとわさびで味変。



料理 

ガーリックチップをパラッとかけたら・・・



料理 

ビフテキとガーリックチップと一緒に頬張ると・・・

秘伝のタレが絡んだご飯と柔らかくて旨味の強い赤身肉が、極上の美味しさを醸し出す…(๑╹ڡ╹๑)ウマィ!



料理 

次は、わさびとガーリックチップを一緒に。

肉の旨味の中にガーリックチップの香りが広がり、わさびの爽やか風味が実に良い。


ウマッウマ(゚д゚)メチャウマー!!


わさびと牛肉との相性は、最強だと思う。



料理 

肉飯とご飯を豪快に頬張ると・・・

秘伝のタレが薄く染みた牛バラ肉は、やや噛み応えがありパサつきも気になる。

七味の効果で、最後まで飽きずに食べることができたが、
できれば、お好みでタレを追加できるようにすれば良いかも知れませんね…(^^♪



料理 

お肉とご飯の間には、タレが染みた柔らか玉ねぎが敷き詰められていて、
それらがご飯に合わさることで更なる美味しさを広げています。



店内 

コロッケ、ミンチカツ、唐揚げなどのテイクアウトも可能です。



店内 

3Fフードコートに食べたいのがあるので、再訪するつもりです…(#^.^#)タブンネ


( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )ゴチソウサマ








お店のホームページはこちら



住所 : 大阪府松原市天美東3-500 セブンパーク天美 1F 【地図】

電話 : 072-289-8298

営業時間 : 10:00~21:00(L.O.20:30)

定休日 : 不定休(施設に準ずる)



最後までご覧いただき、誠にありがとうございました
大変だと思いますが、怒涛の連続クリックをどうかお願いします。

                                                      
FC2Blog Ranking

                              
人気ブログランキング

            
食べログ グルメブログランキング 

                           
   




ビフテキ重・肉飯 ロマン亭 セブンパーク天美店レストラン(その他) / 河内天美駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


超粗挽きビーフ100%のお肉がギッシリ詰まった肉肉しいハンバーグ “ ステーキハウス ブロンコビリー 枚方招提店 ”

2021–05–13 (Thu) 12:14

外観 

お気に入りの京都最大級の産直市場でお買い物の帰りに、
R1沿いのロードサイドにある「ステーキハウス ブロンコビリー 枚方招提店」でランチです。



メニュー 

ブロンコビリーで使用する牛肉は、恵まれた自然環境の中で育てる牛肉大国「ウルグアイ産」。

「ウルグアイ」は、世界一肉を食べる国と謂われていて、
赤身が多く高タンパク・低カロリーなステーキ肉「超厚切り熟成ウルグアイビーフ」


そんな「ウルグアイ」は、サッカーW杯の第一回大会の優勝国でもある…(*´з`)シランケド



店内 

店内に入ると、ステーキ肉が勢ぞろい!

実物は、圧巻そのものです。



メニュー 

メニューは豊富。



メニュー 

ランチメニュー

空腹で行くと、何にしようか迷うこと間違い無し!

「孤独のグルメ」の井之頭五郎さんのように、一度冷静になって考えなければなりません。



店内 

惣菜サラダや産地にこだわった旬の野菜が食べ放題のサラダバーが神過ぎる!

サラダバーは、野菜はもちろん、フルーツ、パスタ、ポテサラ、デザート系まで種類豊富に揃っていて、
ドレッシングも、シーザードレッシング、明太子ドレッシング、コーンドレッシング、和風ドレッシング、
ゴマドレッシングなど5種類用意。

好きなサウザンドアイランドが無かったのが、ちょっと残念。

ランチタイムだと、サラダバーがセットになったお得なメニューが用意されているが、、
ディナータイムのサラダバーは、より豪華仕様になっているらしい。



料理 

貧乏根性丸出しで山盛り食べたい気持ちを抑えて、控えめに。



しばらくすると・・・
熱々に焼かれた鉄板の上でジュージューと音を立てて料理が来ました。




料理 

炭焼き超粗挽きビーフハンバーグとこぼれるガーリックビーフライスランチ(210g) 1,430円

新鮮サラダバー・ガーリックビーフライス・ランチスープ付き



料理 

各テーブルで最後の仕上げをすることで完成する、ハンバーグ。

スタッフさんが切り分けるイベント的なのが、より美味しく感じさせてくれるんです…(#^.^#)
切った瞬間から広がる香りも良い~(^^♪



料理 

美味しそうなフォルムをしばらく眺めてから・・・



料理 

「ハンバーグは、塩で召し上がってください」と。

塩は、天然の海水を使って作られるシーソルト「マルドンの塩」。
英国王室御用達の塩で、結晶の美しさは「塩の芸術品」と呼ばれているらしい。


一瞬、あの違法薬物かと思ってビビったわ…(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル



料理 

塩を振りかけて・・・



料理 

超粗挽きビーフ100%のお肉がギッシリ詰まったハンバーグ。
切った瞬間に、肉汁がジュワ~ッと溢れ出るほど。

思わず、口から鉄板にお迎えに行きそうになったけど、火傷してタラコ唇になるから止めた。



料理 

まずは、冷静になってひと口・・・

噛む歯を跳ね返すほどのプリッとした弾力のある、
まるでステーキを食べているかのような肉肉しい歯ごたえ。


いきなり・・・


ウマッウマ(゚д゚)メチャクチャウマー!!!


ハンバーグのジューシーさもしっかりと味わえて、予想以上のクオリティに大満足!


そして、この塩・・・
サクッとしていて、苦味のないまろやかな塩味が秀逸。

塩がお肉の旨味と甘味を際立て、
街の洋食店とは一線を画す、ひと味もふた味も違うハンバーグ。

こんなハンバーグ、大好き!!
虜になるほど大好きです…(#^.^#)


この塩、白ご飯に振りかけても美味しいと思う。



ハンバーグの興奮状態が少し落ち着いたので・・・



料理 

ガーリックビーフライス

肉のジューシーな旨味ぎっしり詰まった、にんにくの香り広がる美味しさに悶絶!


(゚□゚o)ノノスゴッッッッッ!!!!!!!!!!!


弾力のある挽肉の美味さも爆発!




料理 

卵黄を潰して・・・



料理 

ガーリックライスに絡めて味わうと・・・

ガーリックがよく効いたビーフライスをまろやかにする、とろ~り玉子が秀逸!

これら、見た目以上にボリューム満点でお腹パンパン。
サラダを少しにして良かった…ε-(´∀`*)ホッ


ごちそうさま。



【注意点】

熱々の鉄板で焼かれたハンバーグの脂が飛び散るので、紙ナプキンをすることを忘れずに!
さらに、食後はナプキンは取ることを忘れずに!

恥ずかしいですよ~(///∇///)ハズイ


他のメニューでも、プラス220円でガーリックビーフライスに変更できるそうです。

是非!




お店のホームページはこちら



住所 : 大阪府枚方市招提南町3-23-1 【地図】

電話 : 072-808-7829

営業時間 : 11:00~21:00 (L.O.20:30)*ランチタイム 11:00~16:00

定休日 : 無休



最後までご覧いただき、誠にありがとうございました
大変だと思いますが、怒涛の連続クリックをどうかお願いします。

                                                      
FC2Blog Ranking

                              
人気ブログランキング

            
食べログ グルメブログランキング 

                           
   



ブロンコビリー 枚方招提店ファミレス / 藤阪駅長尾駅牧野駅

昼総合点★★★☆☆ 3.8


 | HOME |  次へ »

プロフィール

たこやきくん

Author:たこやきくん

ふるさと納税1万円

【ふるさと納税】宮崎牛ロースステーキ&焼肉セット(合計900g)

究極の宮崎餃子

【ふるさと納税】ホワイト餃子

ふるさと納税 「ルタオ」

美味しい越前かに

三日月屋 天然酵母のクロワッサン

  

嬉野温泉名物 佐嘉平川屋のとろける「温泉湯豆腐」

楽天トラベル

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

QRコード

QR

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

バロメーター

時計

FC2ブログランキング

今日も一押しお願いします。

人気ブログランキング

人気ブログランキングに参加しておりますので今日も一押しお願いします。
人気ブログランキング

食べログ ランキング

クリックお願いします(#^.^#)
食べログ グルメブログランキング

カレンダー

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

2022年 05月 【7件】
2022年 04月 【12件】
2022年 03月 【16件】
2022年 02月 【14件】
2022年 01月 【20件】
2021年 12月 【15件】
2021年 11月 【15件】
2021年 10月 【16件】
2021年 09月 【16件】
2021年 08月 【18件】
2021年 07月 【17件】
2021年 06月 【16件】
2021年 05月 【16件】
2021年 04月 【17件】
2021年 03月 【17件】
2021年 02月 【15件】
2021年 01月 【16件】
2020年 12月 【19件】
2020年 11月 【17件】
2020年 10月 【17件】
2020年 09月 【18件】
2020年 08月 【16件】
2020年 07月 【14件】
2020年 06月 【13件】
2020年 05月 【12件】
2020年 04月 【15件】
2020年 03月 【15件】
2020年 02月 【18件】
2020年 01月 【14件】
2019年 12月 【13件】
2019年 11月 【12件】
2019年 10月 【13件】
2019年 09月 【11件】
2019年 08月 【18件】
2019年 07月 【13件】
2019年 06月 【14件】
2019年 05月 【14件】
2019年 04月 【12件】
2019年 03月 【13件】
2019年 02月 【14件】
2019年 01月 【13件】
2018年 12月 【15件】
2018年 11月 【13件】
2018年 10月 【13件】
2018年 09月 【12件】
2018年 08月 【10件】
2018年 07月 【12件】
2018年 06月 【8件】
2018年 05月 【10件】
2018年 04月 【10件】
2018年 03月 【11件】
2018年 02月 【10件】
2018年 01月 【11件】
2017年 12月 【1件】
2017年 08月 【2件】
2017年 07月 【9件】
2017年 06月 【11件】
2017年 05月 【12件】
2017年 04月 【10件】
2017年 03月 【9件】
2017年 02月 【10件】
2017年 01月 【12件】
2016年 12月 【10件】
2016年 11月 【7件】
2016年 10月 【12件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【11件】
2016年 07月 【10件】
2016年 06月 【10件】
2016年 05月 【10件】
2016年 04月 【11件】
2016年 03月 【11件】
2016年 02月 【8件】
2016年 01月 【11件】
2015年 12月 【9件】
2015年 11月 【8件】
2015年 10月 【10件】
2015年 09月 【10件】
2015年 08月 【12件】
2015年 07月 【10件】
2015年 06月 【12件】
2015年 05月 【10件】
2015年 04月 【9件】
2015年 03月 【11件】
2015年 02月 【14件】
2015年 01月 【12件】
2014年 12月 【15件】
2014年 11月 【12件】
2014年 10月 【12件】
2014年 09月 【14件】
2014年 08月 【14件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【12件】
2014年 05月 【13件】
2014年 04月 【12件】
2014年 03月 【13件】
2014年 02月 【10件】
2014年 01月 【9件】
2013年 12月 【7件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【8件】
2013年 09月 【9件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【11件】
2013年 06月 【8件】
2013年 05月 【8件】
2013年 04月 【9件】
2013年 03月 【10件】
2013年 02月 【8件】
2013年 01月 【10件】
2012年 12月 【10件】
2012年 11月 【14件】
2012年 10月 【13件】
2012年 09月 【10件】
2012年 08月 【9件】
2012年 07月 【12件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【8件】
2012年 04月 【7件】
2012年 03月 【8件】
2012年 02月 【8件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【13件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【20件】
2011年 08月 【23件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【16件】
2011年 05月 【7件】
2011年 04月 【13件】
2011年 03月 【11件】
2011年 02月 【8件】
2011年 01月 【14件】
2010年 12月 【11件】
2010年 11月 【15件】
2010年 10月 【16件】
2010年 09月 【20件】
2010年 08月 【23件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【16件】
2010年 05月 【18件】
2010年 04月 【23件】
2010年 03月 【14件】
2010年 02月 【13件】
2010年 01月 【20件】
2009年 12月 【22件】
2009年 11月 【21件】
2009年 10月 【19件】
2009年 09月 【23件】
2009年 08月 【18件】
2009年 07月 【23件】
2009年 06月 【21件】
2009年 05月 【15件】
2009年 04月 【15件】
2009年 03月 【5件】
2009年 02月 【18件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【24件】
2008年 11月 【20件】
2008年 10月 【24件】
2008年 09月 【20件】
2008年 08月 【18件】
2008年 07月 【20件】
2008年 06月 【20件】
2008年 05月 【19件】
2008年 04月 【10件】
2008年 03月 【23件】
2008年 02月 【18件】
2008年 01月 【21件】
2007年 12月 【12件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【4件】
2007年 09月 【5件】

ブログ内検索

地域・料理別カテゴリー

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

リンク

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

食べログ